アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

それは優柔不断じゃなくて準備不足なんだと思うぞ。

私は妻を愛している。でも、たまには言いたいことを言ってもいいだろう。愛しているんだから。な?

妻に限らず、優柔不断な人はいる。僕はその都度、どっちでもいいんじゃないかと思うのだよ。早く決めてくれ。

そこまで考えたのなら、どっちを選んでも一緒だと思う。あと一押しなんて、くじ引きで決めても大差ないって。なんらかの考えがあって、そこまで辿りついたんだから。

 

 

◆優柔不断

気が弱く決断力に乏しいこと。また、そのさま。

優柔不断(ユウジュウフダン)とは - コトバンク

決断力に乏しいというけれど、そのうちの半分は、ただの準備不足なんだと思うぞ。

 

 

 

◆「ご注文がお決まりになりましたらお呼び下さい。」

 

●「んー。優柔不断だから迷う。」と言う。

 

いや待て。

 

それは、何も考えて無かっただけだろう。何にも準備していなかっただけだろう。

 

いつも来る和食屋さんじゃないか?

数週間前にも来たじゃないか?

僕には、大してメニュー変更はないと思うぞ。

 

新しい店ならまだわかる。

久しぶりに来たのなら、それもわかる。

季節のメニューでもあれば、それもわかる。

 

 

 

●「んー。うどんにしよかな。そばにしよかな。セットにしようかな。」と言う。

 

いや待てよ。

 

そんなんだいたい決めておけよ。

軽めにしようか、がっつり食べようか。

麺類にするか。ご飯ものにするかぐらい考えておいたらどうだい?

 

夕飯はあれにするつもりだから、お昼は軽めにしておこう。

なんか、お腹が空いているからいっぱい食べたい。

周りの状況から絞ってもいいと思うぞ。

 

 

●「んー。どれにしようかな。」と言う。

 

待て待て。

 

まだ、メニューとにらめっこしてるのかい?

 

もしかして、写真1つ1つを見て、ああでもないこうでもないと批評をしているんじゃないだろうね。

そんなんいつまで経っても決まらない。

食べるものを決めるのだよ。食べないものを評価してもしょうがない。

 

自分が食べたいものを食べればいいの。

それは、自分のお腹に聞くの。自分が決めればいいの。

値段はいいから好きなの食べればいいって言ってるじゃない。

 

 

 

◆「すいませーん。」

 

「んー。うどんとそばの相盛りセットで」と言う。

 

お、おう。

 

絶妙なところに落ち着いたじゃないか。

 

うどんとそば。両方食べられるしな。しかも、いっぱい食べられるな。

 

さっき、となりの席のおっさんが頼んでたヤツな。食べきれるかな。

いつも、残さずに食べるところは感心するよ。

細い体のどこに入っていくんだかね。よく動くからかね。

 

 

「んー。やっぱりこっちのセットにすればよかったかな。」と言う。

 

おいおい。

 

注文後にそれ言うか。

それは、自分に無責任だと思うぞ。

もう、注文したからには腹を決めなさいよ。うどんとそばバラに決めるのだよ。

 

それに、これから来る相盛りさんにも失礼だと思わないかね。 

相盛りさんは、喜んで来ると思うよ。

こちらもその腹づもりで待とうじゃないか。

 

 

 

◆「ごちそうさまでした」

妻の名誉の為に言うが、聡明で美人だと思ってるよ(※)。メニューを一通り見たい気持ちもわかるよ。そうやって迷うのも、会話のタネになっていいとも思う。あなたが、何もかもスパッと決めたら、あなたらしくないしね。まぁ、いいよいつものことだから、じっくり迷ってください。今回は引き合いに出してごめんね。

ただ、優柔不断というけれど、そのうちの半分は、ただの準備不足なんだと思うぞ。次に起きることを想定して準備していると、迷うことも減ると思うよ。そもそも決断を迫られる状況が減るんだ。優柔不断の半分は入念な準備をすることで減ると思う。

 

※妻は当ブログの存在を知っています。機嫌がよいときに、当エントリーが読まれることを祈っています。

 

 

 

メニューブック 6ページ A4サイズ 中綴じ PRO-MA4-6 (黒)

メニューブック 6ページ A4サイズ 中綴じ PRO-MA4-6 (黒)