アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

【簡単】ニラともやしと豚肉の焼きそば

5月4日GWです。こんな日は外に出かけません。家で焼きそばを作りました。

これだったらパパでもできると思います。休みの日に出かけないなら、夕飯くらい作ろうぜ。もちろん、買い出しもね。

今回は、ニラともやしと豚肉の焼きそばです。子供には主食ですね。大人になると、おかずだったり、つまみだったりしますね。

 

 

 

f:id:areahaan:20160506164443j:plain

 

◆覚えよう

「1切る→2焼く→3蒸す→4混ぜる」

1度は声に出していいましょう。コレを覚えたらもうできる。

やることは、この4行程です。できそうでしょ?

 

 

◆道具

  • フライパン
  • 包丁
  • まな板
  • 材料入れるバット
  • 出来上がりを入れる皿

 

 

◆材料(子供2人大人2人)雰囲気よ。各家庭で調整して。

  • 焼きそば(2玉)
  • 豚肉(小間切れ。でも何でもいい。雰囲気。100g位でいい。)
  • もやし(根切り。1パック)
  • ニラ(1束。残してもメンドクサイから全部使おう。ニラは足が速い(悪くなるのが早いってことね。知ってる?))
  • ソース(好みに任せる)
  • オイスターソース(なくてもいい。僕は絶対いれるけど。)

 今回は、うちの次男も食べれます。

 

 

◆調理開始

●1、切る

まず。切れ。切るのが終われば料理なんて半分終わりだ。

豚小間は、子供の為なら一口サイズに切りましょう。

「小間=一口サイズ」じゃないよ。切りましょう。

ニラは一口サイズに切りましょう。

 

f:id:areahaan:20160506164403j:plain

 

 

●2、焼く

焼きそばを焼いちゃいましょう。

フライパンをセットして火をつける。

油をひかなくていいです。フライパンで置く。焼きそばをぶちまける。それでいいです。中火でもなんでもいいわ。テキトーでいい。

f:id:areahaan:20160506164411j:plain

 

焦げるまで焼いちゃいましょう。

f:id:areahaan:20160506164417j:plain

 

こんな感じ。

f:id:areahaan:20160506164423j:plain

そうなったら、完成品を盛り付けるためのお皿に一度入れます。で、そのまま置いておきましょう。

で、火を消します。

 

●3、蒸す。

んじゃあ、もやしをひきましょう。

そして、豚小間を並べましょう。

f:id:areahaan:20160506164433j:plain

 

そして、水を50cc位いれて(子供のコップ半分くらい)蓋をしましょう。

火(中火)をつけます。蒸します。フタした写真は撮り忘れました。

この段階でコショウを振っておくといいです。感覚としては、これだけでも食えるんじゃね?って感じにすることです。なしでもいいです。

 

※他に、冷蔵庫の残りがあれば、ここでブッ込みましょう。冷蔵庫の中を消費することはポイントアップだと信じています。

 

ちょっと待つと、肉が食べれそうな色をしてきます。(ここはカンです。)

 

 

そしたら、さっきの麺とニラを入れて1分くらい蓋をしましょう。

そうすると、こんな感じになります。

f:id:areahaan:20160506164438j:plain

もうだいたい完成です。

 

肉は蒸した。もやしもニラも火が通ってる。焼きそばは焼いてある。だったら、味は別として食えるんじゃね?って話よ。

 

 

4、混ぜる

もう、火は消そう。リスク管理です。

フライパンに具材がこびり付いて食べれなくなるのが、一番のリスクです。

 ビビりでもいい。火を消してしまおう。

 

ソースを3周り位廻す。

オイスターソースを1周り廻す(なくてもいい)。

この辺りは、各自に任せます。

 

そしたら、フライパンで混ぜる。ひたすら、混ぜる。これを和えるとも言う。

自分で旨そうだと思えればそれでいい。「俺が旨いと思うから食え。」ぐらい思っておけばいい。

 

で、ドーン。こんな感じね。

f:id:areahaan:20160506164443j:plain

 

 

 

カテゴリー「パパごはん」は夫婦円満の為です。 - アリアハンでレベルアップ

 

◆あとがき

僕「焼きそばって意外と難しいね。」

妻「そうよ。ちゃんとフライパンがあったまってないと、こびりつくからね。」

僕「そうなんだね。やってみて初めて知った。」

妻「簡単じゃないでしょう。知らなかったの?」

僕「知らんかった。やってみて初めてわかった。」

妻「、、、。」

僕「いつも、ありがとうって思ってるよ。」(想像)

妻「(#^.^#)」(想像)