アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

初めての女の子の沐浴に戸惑う日々。

前月、我が家に初めての女の子が産まれました。

「一姫、二太郎」だね。と言う人が稀にいますが、それはちょっと意味が違うよと思いながらも、優しい僕は、「にぎやかになりそうです。」と返事しています。

初めて、女の子を沐浴(新生児をお風呂に入れること)していますが、戸惑う毎日です。

 

 

●早く済ませること。

3人目ともなると、沐浴も慣れたものです。言い換えれば、雑なのかもしれませんが。

沐浴で1つだけ心がけていることを上げるとすれば「早く済ませること。」です。

本来の目的は、綺麗に洗うことですが、それよりも、「早く済ませること」を心がけています。

病院での沐浴指導では、肌着をお腹にかけて、耳に水が入らないようにと指導されました。

 

最初の子は、ちゃんと守っていましたが、肌着を気にしていると、やりにくい。耳を気にしているとやりにくい。

おまけに綺麗に洗うのに邪魔ですので、今はやっていません。

それよりも、顔に水がかかろうとお構いなしで、体が冷えないように、サッサと全身を洗い終えます。

 

そして、「顔洗いますよ~。右手洗いますよ~」と声掛けしています。

 

 

リッチェル ふかふかベビーバスR グリーン

リッチェル ふかふかベビーバスR グリーン

 

 ↑クリックするとアマゾンに飛びます。

 

 

●男の子はわかる。

今までの沐浴は男の子でしたので、問題ありませんでした。

ついているモノは僕と同じですから(笑)。

 

お肉のシワの間をゴシゴシするところなんて、首ぐらいです。

首が座っていない時のあごの下の首回りは洗いにくいですが、重点的に洗わないと臭くなります。

ちんちんの廻りも、付け根辺りをキュキュッと洗えばそれで完了です。

 

 

●女の子はわからん。

でも、女の子はそうはいきません。

僕とは作りが違いますから、よくわかりません。どこまでゴシゴシしていいのかが分からないのです。

 

病院で、看護婦さんにもどうやってきいていいのかわからず、そもそも誰に聞いていいのかわからず、1カ月が過ぎました。

さらに、それが、汚れなのか、胎脂なのかの区別もつきませんし、娘の「おまた」をまじまじと見るのもなんだか気が引けてできません。

 

 

そんな日々。

 

 

ちなみに、「一姫二太郎」は、1番目に女の子。次に男の子の方が育てやすいよって意味ですから。