アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

岐阜の人なら観たことあるはず。桜といえばこの映画じゃない?

4月も2週間が過ぎました。この辺りの桜はほとんど散ってしまいました。花弁より緑の方が多いです。

高山では、今日(4月14日)春の高山祭りが行われています。あちらでは、まだ桜が咲いていると思います。お祭りは毎年今日と明日です。

僕は、この季節この映画を思い出します。「さくら(1994)」です。小学生の時に体育館で全校生徒が集まって上映された気がするんですが、うろ覚えです。

 

 

 

(岐阜の人向けに書いています。口語です。かつ、方言強めです。)

 

 

「桜ロード」って知っとる?

名古屋と金沢を桜で結ぼうってやつ。知らん?

昔、映画を見た覚えがあるんやって、

 

 

 

 

こちら、引用

昭和41年。国鉄バスの車掌・佐藤良次は、自分の勤務する名金線を桜の道にしてお客さんに喜んでほしいと考え、植樹を始める。妻・千加子の心配をよそに幼なじみでもある運転手の浩太の協力もあって本格的に植樹は進み、良次は桜功労者として表彰されたり新聞の取材を受けたりするが、台風の日でも出かけてしまう彼はやがてガンに冒される。担当の梶原医師の忠告にもかかわらず、良次は体を蝕まれながらも、車掌の仕事の合間に植樹に打ち込む日々を送る。桜博士として知られる笹部から教えられた荘川桜も7年目にして遂に発芽し苗として成長した。良次はその苗を「荘川七郎」と名づけ、意気投合した輪島の校長・中浦に託した。昭和52年1月。名古屋の鉄道病院に入院した良次は、爛漫と咲く荘川桜の道なりを走る幼い自分の姿を思い描くうち、息をひきとるのだった。

さくら(1994) | Movie Walker

国鉄バスの人が、桜を植えて行こうって話のやつ。

 

 

小学校の時にさ、体育館に集まってみんかった?

僕は、小学校の時に見たと思ってて、さっき調べたら、作られたのが「1994年」になっとったの。

ってことは、僕(1980年早生)はその時中学生やでさ。

小学校で見たのでは、年齢合わへんから、勘違いみたいなんやけど、確かに小学校のときにみた記憶があるんやけどなぁ。確かみたんやけどなぁ。

 

 

名古屋から金沢までの道路を桜でつなごうってのが、なんか好きでさ。

私財を投じて、自分の得にならへんことを、できるなんて、偉いなと思って。

でも、家庭を疎かにしているところがあって、父親としては、良くなかった覚えがあるんやて。たしか。

 

それで、なんか途中で病気になっちゃって、日本海までつながる前になくなっちゃうんだけど、なんかその辺の話はあんまり好きじゃなかった気がする。

私財を投じて桜を植える人で良かったのに、それだけを志半ばで、あとは頼んだ。みたいな流れが好きじゃなかったんだよな。たしか。

 

 

んでさ、久しぶりに見てみたいと思ったんやて、うろ覚えやしさ。

初めてみたときは子供やったけど、今は、植えた人の年齢に近いからさ。

社会人になった自分。父親になった自分。昔とは見え方が変わってくるんじゃないかとおもってさ。

 

 

もう一度、観たいなと思って調べたんやけど、アマゾンには無かったんやて。

DVDでも発売されてないみたやで、もう見れへんかもしれんな。

見つかったのは、中古のVHSやった。

 

さくら [VHS]

さくら [VHS]

 

 

 

 

 

◆さいごに

子供の頃みた映画で、大人になってもう一度見たい映画ってありませんか。お金出して、手元に置いておきたい映画ってありませんか。邦画でも好きな映画ってあるもんです。

ちなみに、僕が、もう一つ好きなのは、

 

誘拐 [VHS]

誘拐 [VHS]

 

 

邦画って、いいのもありますよね。