アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

(お題)卒業式で第二ボタンをもらう習慣がなかったに違いない。

今週のお題「卒業」

卒業といえば、卒業式。卒業式といえば、卒業ソング、卒業アルバム、そして、第二ボタンでしょう。

今どきの中学生も、第二ボタンをもらったりするのでしょうか?でも、僕の中学生の頃は、多分、その慣習はなかったのだと記憶しています。多分ね。

 

 

妄想が悶々と支配する中学生。

「この支配からの卒業」

それはまさに、妄想からの卒業だったのかもしれない。

 

中学生の卒業式の服装は学ランです。

小学生の時は私服だったし、高専ではスーツだったので、学ランでの卒業は中学生の時しかありません。

だから、第二ボタンをあげる機会があったのは中学生の時だけなのです。

 

でも、おかしい。誰かにあげた記憶がない。

そもそも、「ください。」って言われた記憶がない。

なぜだろう。きっと、岐阜県ではその慣習がなかったのだろう。

そうだとしか思えない。

 

 

 

中学三年生の終わりころ、誰もが進路を決まり始めます。そして、次のステップへと進んでいきます。その節目として卒業式があります。

どこで聞いたのか知らない。今思えば知らない方が幸せだったのに。

どうやら、卒業式に第二ボタンを、女子がもらいにくるらしい。そんな妄想にドキドキしていました。

 

中学で1番モテる奴は僕じゃない。あいつだ。その次は、僕だろうな。多分な。そんな妄想でドキドキして迎えた卒業式。

式が終わって、卒業アルバムを見ながら、みんなであとがきを書いたりしています。

みんな、机の上に書込み欄を開いて、誰かを呼んでは書いてもらっています。

 

僕も、女子に呼ばれて書いたりしましたが、そんな時間はすぐに終わります。

だんだんと帰り支度を始める同級生もいる中。僕は、ドキドキしながら、帰るつもりがないのに帰り支度を始めます。

 

 

ほれほれ、帰っちゃうぞ。

 

 

そんな気持ちをよそに、帰り支度はすぐに終わります。

卒業式の日なんて、持ち帰るものなんて特にありません。

仕方がないので、違うクラスの友達に会いに行ったりします。

 

 

(あれっ、お前第二ボタンないやん、、、。)

 

あぁ、お前は彼女がいるからな。きっと、彼女からくれって言われたのだろうと解釈をして、特にそれには触れずに、ただただ、時間つなぎの会話をします。

 

 

それにしてもおかしい、誰も僕をチラチラ見ていない。

全く、声がかかる雰囲気がない。

 

おかしい。

 

岐阜では第二ボタンをもらう慣習がないに違いない。

 

 

・・・。

いや、

モテると思っていたのは、僕だけだったのかもしれない。

 

いや、そうだ。きっとそう。

 

 

 

モテるなんてのは、ただの妄想だったのだ。

 

「妄想の支配からの卒業」

 

 

 

そして、僕は、義務教育を終えたのだ。

 

 

卒業したのは、学校という、同級生の女子がすぐ近くにいる環境を卒業したのだ。モテると勘違いする環境への依存心を卒業したのだ。

女子たちは、なんの感情もなく、僕を見ていただけだ。いや、見ると言うと能動的かもしれない。ただ、目に映っていただけなのだ。

もう、自力で相手を探さなくてはならない。そう誓ったのだ。自立への第一歩を進み始めたのだ。

 

 

いいなぁ。学校って。

 

 

あなたは、何を「卒業」しましたか?

 

 

 

 

さいごに、

この春、卒業を迎えた学生の方々。および、そのご両親のみなさん。

ご卒業おめでとうございます。

 

 

 

卒業

卒業