アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

スーパーでお婆さんが僕の買い物かごの中身をみて絡んできた。

ある日の午前中のことです。妻の手が空いていなかったので、僕がスーパーへ買い出しに行きました。

妻に頼まれたものを選び、その後、刺身でも食べようかと、鮮魚コーナーへ行き、380円の刺身を2つ買い物かごに入れました。

他にも何か買おうかな。特にあてもありませんでしたが、ふらふらと歩いていた時のことです。

 

 

 

「ちょっとあんた!!!」

突然、背後から呼び止められました。

聞いたことのない、お婆さんの声です。

 

それだけではありません。

僕の買い物かごの中を、なめまわすように見ています。

(ひえぇえぇぇ。なんやこのお婆さん)

お婆さんは、かごの中を手に取る勢いで指さしながら話します。

 

 

お婆さん(以下、婆)「ちょっと、あんた!!!」

僕「なんでした?」

 

婆「あんた、この刺身。3つ買わんと1000円にならへんよ。」

(訳:そこのお兄さん。この刺身は、3つ買わなければ、1000円になりませんよ)

僕「いや、3つで1000円になることは知ってるよ。でも、2つしか要らないからさ。」

 

婆「へぇ゛!?3つ買わんと1000円にならへんのやで、ええんか?」

(訳:えっ、3つ買わなければ、1000円になりませんが、よいのですか?)

僕「だから、要らないものをかわなくてもいいでしょ?」

 

婆「ええんかね。」

(訳:この人。あかん。わかってない。おかしい人や、話しても無駄やな)

僕「まぁいいんですよ。」

 

 そうして、ものすごく怪訝な顔をしながら去っていきました。

 

 

 

いらないものはいらない

まさに、老婆心。

わざわざ教えてくれました。

でも、僕は3パックも必要ありませんでした。

 

そもそも食べたいものがなかったのです。

鰤と鯛だけが食べたいと思ったからです。

3つ目が安くなろうとも、要らないものはいらないんです。

 

 

しかし、お婆さんには分ってもらえませんでした。

 

 

 

僕はこの考え方がわかりません。

「3つ買ったら安いから、もう一個かおう」って。

いや、いらないものはいらんやろ。と思うのです。

 

 

というか、お婆さんのような人は自分が欲しいものを買うのではなく、

3つで1000円になるのだから、3つ何を買おうかな。と考える人なのではないだろうか。

数ある商品の中から、3つ好きなものを選ぶ。という思考なのではないか。

 

そう言う人には、僕のように2つしか買わない人は、おかしな人だ。

 

 

たまにいますよね。ぐいぐい来る人って。ちょっと怖かったです。

 

 

 

意地悪ばあさんのうた (MEG-CD)

意地悪ばあさんのうた (MEG-CD)