アリアハンでレベルアップ

日記です。岐阜で在宅勤務の個人事業主しています。

2歳児検診に行ってきました。(岐阜県、36才男)

先日、2歳児検診に行ってきました。正確に言うと、2歳になる息子の検診にパパが付き添っていきました。です。はい。

市役所から封筒が届いて日付を見たときから、妻では行けないことがわかっていましたので、覚悟していってきました。

行ってみれば、意外とすんなりと終わりました。(なんとなく、気を遣われていた雰囲気はありましたけども。)

 

 

f:id:areahaan:20160727004352j:plain

恐らく、2歳児検診に行くお父さんは少ないでしょう。平日に行われますので無理ありません。さらには、月齢毎に行われますので、月に1回です。予定を合わせなくてはなりません。

普通のお父さんは仕事だと思います。それに、お母さんが行けない場合は、お婆さんが代わりに行くようです。

さらには、日常の様子等を聞かれますので、なかなか難しいのではないかと思います。その点では、私は不安はありませんでした。

 

子供のことを聞かれることには不安がないのですが、ママさんたちの輪に入るのが不安です。

子供がいなければ、距離を置いて時が過ぎるのを待つことができます。その逆で、ちょっと話してみようと思えば、子供の話をすることができます。

 

以前に、子供の一時預かりの部屋に行くと(その時も平日)、10人ほどいる人たちはママさんばかり。さらには保育士さんも女性。男性は僕だけ。

30分くらい子供を遊ばせていると、あるママさんが、僕に話しかけてくれました。

「お子さん何カ月くらいですか?2歳くらいですか?」

すると、ほかのママさんたちもビタッと会話を止めて、一瞬静まり返りました。僕は、焦りました。

「1歳8か月ですかね。もうすぐ9カ月です。」

まぁ、よくある初めの会話なんですけども、みんなで僕の話を聞いているのに緊張した覚えがあります。

 

 

◆会場に着く。

妻に、「早くいくと早く帰れるよ」と焦らされ、15分ほど早く着きました。

丁度、駐車場で知り合いのママさんに会い、ひと安心。中に入ると20人くらいいましたが、お知り合いはいませんでした。

予想はしていましたが、10名ほどいるスタッフもみんな女性で、男性は僕だけでした。

 

 

◆検診の内容

1、RDテスト

2、おはなし

3、歯科講習

4、身体測定

5、個別指導

です。大まかな流れはこんな感じでしたが、見出しの呼称は違っていたかも知れません。なんせ、緊張していましたので。

 

1、RDテストとは、子供が虫歯になりやすいかどうかを簡易チェックすることです。子供の唾液を採取します。

 

2、おはなしでは、絵本を読んでくれたり、2歳児はこんなことができますよと手遊びをしました。その中には、「おんぶして、歌を歌いながらこの部屋を1周しましょう」ってのがあって、ほかのママさんについていくのですが、何か見られている気がしてとても恥ずかしかったです。

 

3、歯科講習では、先ほどのRDテストの結果とともに個別にお話がありました。毎日仕上磨きをしている僕としては、問題ないと思っていましたが、「菌多め」の診断でした。でも卒乳してるし、お菓子は食べてないし、まぁいいんじゃない。歯磨き頑張りましょうと言われただけでした。

 

4、身体測定では、少し小さめでした。1週間早く産まれたことと、お兄ちゃんも最初は小さかったけど、今では大きい方で背の順では後ろから数えた方が早いこと。で特に気にすることではない感じ。

 

5、個別指導では、普段の様子を聞かれたり、ブロック積みや簡単なパズルで、言葉を理解しているかを確認していました。特に変わったこともなく、応答が出来ました。

これにて終了。会場を後にしました。

 

 

◆さいごに

特に不安にしていたこともなく、淡々と終わりました。20人位の内9番目に入ったのですが、帰るのは最後でした。個別指導が後回しにされたのはなんでだろう。妻が早く行けと言うので早めに言ったのに、最後でした。なので、4の身体測定から、5の個別指導までの間が長かったので、ちょっと話しかけられたので緊張しましたが、こんなもんかな。

 

ひとつだけいいこととしては、歯科衛生士の専門学校の女の子と話が出来たことです。普段若い子と話すことはありませんから。いつも話す女性と言えばママさんくらい。あとは5歳児です。大きくストライクゾーンを離れています。久しぶりにストライクが飛んできても、見逃すことしかできませんけども。まぁ、いい経験ができました。